神奈川県の和牛種ブランド牛の一覧

神奈川県ブランド牛の動画

和牛種横濱ビーフ

神奈川県全域で肥育され、横濱ビーフ推進協議会が推進するブランド牛です。
年間280頭が出荷されます。

〜幕末の開港とともに発展した横浜は日本で初めて牛鍋屋が開かれるなど、数多くの食文化が生まれた街として知られています。「横濱ビーフ」は牛肉文化発祥の地であり文明開化の象徴である横浜で生まれた神奈川県産高品質牛肉です。(1)横濱ビーフの品種は黒毛和種です。高品質牛肉を生産するために厳選された子牛を導入し大切に育てます。(2)横濱ビーフは肉質等級が4等級以上の(A5、A4、B5、B4)のお肉です。(3)特定生産農家が熟練の技で愛情をもって横濱ビーフを育てます。 (4)横濱ビーフは餌に統一の基本配合「横濱ビーフA」を使用することで上質な肉の味わいを均一に保っています。この基本配合にとうふ粕・ビール粕等を加えた独自の発酵飼料を給与しています。牛にやさしい、地球にやさしいこだわりの餌です。

和牛種市場発横浜牛

全国で肥育され、市場発横浜牛販売促進協議会が推進するブランド牛です。
年間600頭が出荷されます。

市場発横浜牛は横浜食肉市場でと畜解体された和牛です。

和牛種葉山牛

横須賀市・三浦市・葉山町で肥育され、三浦半島酪農組合連合会が推進するブランド牛です。
年間250頭が出荷されます。

葉山牛の霜降りはお米や豆腐粕など、加熱した穀類を自家配合した独特の飼料で育て上げていることから、甘みがあってあおしいと高い評価を得ています。また、とろけるような脂身は手のひらに乗せただけでとけだすほど。これも葉山牛のおいしさの秘密です!